ヘッドライトは早めに点灯しよう!
2016.12.20

subimg03現在、世界中に無数の自動車が存在しています。自動車会社も多く存在、世界中で凌ぎを削っています。日本は世界でトップの自動車王国です。世界で最も売れている自動車会社は、日本の会社です。これまで、ドイツの会社にその座を譲ってきたりしましたが、近年はその牙城が崩れることはありません。日本には、世界トップの売上を誇る会社のように大衆車ではなく、高級車を扱っているブランドなどもあり、多種多様な自動車産業が展開されています。

日本では、自動車産業が大きいため、必然的に自動車が人々の生活に浸透しています。田舎の地域では、その傾向が顕著で、1人1台といったことも珍しくありません。また日本は国土が広いため、旅行の観光の際にも自動車を借りて観光することが多くありあます。日本のリゾート地沖縄は、自動車社会です。公共交通機関が発展していないため、レンタカーで観光するのが一般的です。自動車は安いものではありません。なので、もしその借りた自動車を事故してしまったり、傷つけてしまったりした場合には、高額な修理費用を払わなければいけません。そうならないためには、日頃以上に安全運転を心がける必要があります。沖縄などは、自動車社会なので、道路網は非常に発達しています。道幅も広く、開放的な道が多いため、快適に運転することが可能と言われています。しかし、いくら快適な道路環境とは言え、慣れない土地での運転です。気をつけなければならない点が多くあります。

まず、一つ目が速度です。道幅が広く、快適な道路環境だとついついスピードを出してしまいがちです。しかし、スピードを出しすぎると、思わぬ事故に繋がってしまいます。周りを見ることがおろそかになってしまうため、事故が起きやすいです。次に、ヘッドライトを早く点灯することです。今現在、なかには自動でヘッドライトが点灯する車種もありますが、そうではない自動車のほうが多いのが現状です。普段はそこまで意識しないかもしれませんが、少し早くライトをつけるだけで、事故の可能性は大きく下がります。たださえ慣れない場所、慣れない道路での運転なので、視認性を高めることが重要です。ライトで前方を明るく照らすことによって、防げる事故があることは周知の事実でしょう。せっかくの楽しい旅行なのに、事故を起こして、旅行を台無しにしたくないのが普通です。そのためにも、以上の事柄に注意し、安全運転に努めましょう。

▲ ページトップへ