燃費を抑える運転方法とは
2016.12.20

subimg05レンタカーを契約すると少しでも燃費を抑える事ができる方法が無いのかと考える方が多いです。自分の車であればパーツをつけるなどすると燃費を良くする事もできますが、自分の車では無いのでパーツを無断でつけたりと言う事もできません。パーツをつける事ができないと言う事は自分で運転方法に気を付けるしかありません。普段よりも少しだけ運転に気を付けるだけで、燃費が大きく変わってくるので返す際にガソリンを入れるためのお金も少し抑える事ができるでしょう。

運転の方法の中で1番気を付けなくてはならないのは急発進になります。急発進をしてしまうと無駄にガソリンを使ってしまう事になるので、燃費が悪くなってしまう傾向があります。いつもアクセルを勢い良く踏んでしまうと言う方は、少しだけ優しく踏み込むように工夫をしてみると良いでしょう。これだけでも大きく変わってきます。急発進をしないと言うのは誰でもできる方法になりますし、意識をするとずっと気を付ける事ができるので、頭の中で考えながら運転をしましょう。また同様にブレーキを踏みすぎないと言う事も考えなくてはなりません。ブレーキは車を停めるための物になるので、あまり関係無いと考えてしまう方が非常に多いですが、ブレーキを何回も踏んでしまう事によって、落とさなくても良い速度になってしまう場合もあります。ブレーキを踏んだ後に前の車に離されてしまった、または車間距離が一気に広がってしまい、後ろの車に迷惑をかけてしまったと言う場合もあります。この際にアクセルを踏んでしまう方もいます。ブレーキを使用しすぎる事によって、アクセルを踏む回数が増えてしまうと言う事を頭の中に入れておくようにしましょう。

自分で意識をしてもなかなか行う事ができないと言う方は、前方の車との車間距離を一定に保つ事を考えてみると良いでしょう。最初はブレーキなどを多く踏んでしまうなどの事もありますが、慣れてくるとアクセルやブレーキをあまり使用しなくても一定の車間距離で走る事ができるようになります。レンタカーの場合は自分の運転方法に気を付けるしか無いと言う事をしっかりと覚えておき燃費を抑える工夫をするようにしましょう。インターネットなどで燃費を抑えると検索をすると様々な情報が出てきますが、信用をする事ができる情報は一握りになりますし、間違えた方法を実践してしまうと余計に悪くなってしまう場合もあります。まずは自分で気を付ける事ができる方法から試すようにしましょう。

▲ ページトップへ